« 第39回新京成沿線健康ハイキング/一年の福を呼ぶ松戸七福神をめぐるみち PartⅡ | トップページ | 新京成ウォーク/ピンバッジ »

2013年1月19日 (土)

ノスタルジーなローカル線

P1370444
今日のゴールは馬橋駅近くと言うことで・・・昼飯を食べた後ここに寄り道しました。
流鉄馬橋駅です。
正確に言えば「流山鉄道流山線」ですがこの1路線しかないので地元では流鉄と呼ばれています。
ほぉ、ローカル線とは言え1時間に3~4本電車があるんですね。


P1370445
いかにも西武線の「お下がり」的な車両ですな。
ま、地方民鉄、しかもローカル線ともなれば首都圏で活躍した車両が
中古で払い下げられて第2の人生(人じゃないけど)を送るなんというのはよある話。
ヘッドマークには「流馬」と書かれていますな。
以前は確かよくある丸形のヘッドマークだったような気もしたけど。
P1370446
なにかとても懐かしく思えるよね、こういう改札口って。
いまでは当たり前のように自動改札機が主流ですがそのまえはどこの駅もこんな感じでした。
そう、たとえ新宿駅だろうが東京駅だろうが規模は違えど有人改札だったのにね。
(株式会社パスモに加入してないのでIC乗車券はいまでも使えません)
ついでに日本民営鉄道協会にも非加盟らしい>ウィキペディアによると。
P1370447
流鉄でも改札口近くには切符の券売機があります。
入場券が欲しかったんだけど自販機には「入場券」のボタンがない。。。
よくありがちな「初乗り料金の切符」を入場券替わりにするのかと思って
駅員に聴いたら窓口で売っているとのこと。
なんとちょっとうれしいことに硬券でした。
多分ですが普通の切符も
自販機で買えない高額紙幣や2千円札なら窓口で言えば硬券で買えると思われます。P1370448
ホームはこんな感じ。
1番線、2番線・・・・島式ホームがひとつ。
でも2番線は普段使ってなさそうだな。
それとも平日の朝夕のラッシュ時には使うのかな。。
P1370450
2両編成のワンマン運転なのでホームにはミラーが設置してあります。
いかにもワンマン運転ですな。
P1370451
流山行きの流馬号はまもなく発車いたします。
ダァシエリイェス(爆)
いえいえ、そんな放送しないから、流鉄は(^0^;)
そもそも接近放送すらなかったし、発車の時も昔ながらのベルが鳴るぐらい。P1370454
竜馬号が発車した後のホーム。
昔ながらの木造の屋根、昔ながらの木の柱。
なんか懐かしくノスタルジーに浸れます、ちょっといいかも。。
ちなみに写真の左側に写っているのはJR馬橋駅のホーム。
こんなノスタルジーな雰囲気の中、常磐線の最新型であろう特急が遠慮なく通過していきます。
P1370458
しばらくして1番線にはオレンジ色の流星号が入線してきました。
流鉄の車両はすべてこんな風に名前が付いています。
P1370462
さて、次の電車までは相当時間がありそうだからそろそろここを撤収しようかな。
電車入線時にはもちろん改札口に駅員がいますよ、懐かしいですね。
ちなみに硬券の入場券は駅員さんにひとこと言っておみやげに貰ってきました。
他の路線だと無効印とか押されるんだけどここではそれもなかったですね。
P1370465
JRのホームから見た流星号。Nの文字が車体に書かれていますね。
お金のないローカル線だと車体を塗り替える費用もなく
お下がりの塗装のまま運営しているところもあるとか・・
それを考えればまだがんばっていると思います。
ドア部分に塗装されてないのは旧西武車両だからなのかな(笑)

こんな流鉄ですがそれでも経営は厳しいらしく
特につくばエキスプレス開業でごっそり乗客を持って行かれたんだとか。
(流鉄鰭ヶ崎駅とTx南流山駅はそんなに距離が離れてないため、
また住んでいる場所によってはTxながれやまセントラルパーク駅が近いことも・・・)

上野から常磐線に乗れば近いし(途中で各停に乗り換えあり)
もしくはメトロ千代田線からそのまま常磐線乗り入れで来るのもあり。
都心からアクセスがとてもいいので
たまにゃこんなノスタルジーなローカル鉄道を楽しむのはどうですか?

最後にひとこと、
おいらは鉄ちゃんなんかではありません(重要)
くれぐれも誤解のないよーに(^0^;)

« 第39回新京成沿線健康ハイキング/一年の福を呼ぶ松戸七福神をめぐるみち PartⅡ | トップページ | 新京成ウォーク/ピンバッジ »

歩いたあとのお楽しみ」カテゴリの記事

コメント

鉄ちゃん的視点を十二分に満足するレポですね。(笑)
ローカル線の割に比較的高頻度な運転本数を維持していることは素晴らしいです。
入場料金が120円って、JRの130円より安いですね。びっくり。
西武鉄道の車両払い下げは、京王の3000系に次いで多いような気がします。

ちなみに、西武の車両(最近のものを除く)って、20m車なのに3つ扉なものだから、
ドアとドアの間のシートが実に長い。まさしくロングシートって感じ。
ロングシートって一般的には7人掛けだけど、西武の場合は何人掛けなんだろう。(笑)

ドア部分の塗装がない理由は、ドアがステンレス製だからではないかと。(想像)
そもそも車体の塗装は錆の防止を目的としたものだけけど、ステンレスはほとんど
錆びないからねぇ。

昔は総武流山電鉄といったはずだけど、いつの間にか社名変更してたのねん。
そんな流鉄ですが、まだ一度も乗ったことがありません。(爆)
今度乗りに行ってみようかな。

yohnenさん>
おいらもまだ一度も流鉄に乗ったことはありませんけど
聞くところによるとローカル線と行ってものどかな田園風景とかではなく
割と住宅地の中を走るようですよ。
終点の流山駅周辺には大型スーパーとかもあったし。
そう考えるとまだ流鉄は恵まれている環境なのかもしれませんね。

ぜひ、何かの折にでも流鉄に乗って下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第39回新京成沿線健康ハイキング/一年の福を呼ぶ松戸七福神をめぐるみち PartⅡ | トップページ | 新京成ウォーク/ピンバッジ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

東京駅の時計

  • マクロミルへ登録

Especialy

  • blogram投票ボタン
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
無料ブログはココログ