« 修理完了 | トップページ | メールアドレスぐらい載せておけ »

2011年10月20日 (木)

ウォーカーのマナーもさることながら・・・・・

昨日のネットのニュースから。。。

警視庁は、自転車の車道左側走行の原則を順守させ、これまで積極的に摘発していなかった歩道走行の取り締まりを徹底する方針を固めた。そのうえで自転車のルール順守や走行環境の整備なども盛り込み、全国の警察本部で初となる包括的な自転車安全対策の策定作業に入った。東日本大震災以降、通勤・通学に自転車を利用する人が増え、交通事故全体に占める自転車事故の割合も増加。警視庁は「マナーを守れば防げる事故は多い」と意識向上による事故減を目指す。【伊澤拓也】
◇震災後に事故急増
警視庁は自転車ブームが高まった数年前から摘発強化に乗り出している。昨年の取り締まり件数は信号無視が300件(前年比189件増)、ブレーキのない競技用自転車「ピスト」など制動装置不良が661件(同659件増)に上り、今年はさらに昨年を上回るペースだという。
一方、歩道での高速走行や一時停止違反の摘発はほとんどなく、警視庁幹部は「黙認と受け取られても仕方がない側面もあった」と話す。
今後は道路交通法の規定通り、子供や高齢者らを除き車道の左側を走るよう促し、走行可能な歩道を走る場合も安全徹底を求める方針とみられる。
東京都内で昨年起きた歩行者と自転車の事故は1039件で全国の約4割に上り、今年8月までの事故全体に占める自転車関連事故の割合は37.8%で過去最高を更新する勢いだ。
今年3月の震災以降の半年間の通勤・通学中の事故も、前年同期より5%(96件)増えている。警視庁は「このままではさらに事故が増える可能性が高い」とみている。
研究者によると、自転車事故の7割は交差点で起き、歩道走行が主要因。昨年2月には渋谷区で歩行中の女性(当時69歳)がピストにはねられて死亡する事故も起きている。
60年に制定された道交法は自転車の歩道走行を禁じたが、車道事故が増え、70年には標識のある歩道に限って走れるよう改正。歩行者との接触事故が目立つようになると78年の再改正で、走行可能な歩道での徐行や歩行者の前での一時停止を義務付けた。
警視庁幹部は「道交法の基本に立ち返って歩行者との事故を減らし、車道でのルールを守った走行を訴えたい」と、安全対策の効果に期待する。
また、警視庁は都と連携し、車道の左側を線で区切る自転車レーンのほか、路面を色分けして自転車と歩行者の通行部分を明示した歩道の整備を進める。現在は自転車レーンが13カ所9キロ、カラー舗装歩道が40カ所37キロにとどまるが、3年以内に計10カ所31キロを新設する方針を決めている。

ぜひバシバシと歩道を我が物顔で走る自転車に切符を切っていただきたいですね。

いぜんどこだったか忘れましたけど
ウォーキング大会でウォーキングしているときでした。
普段はこんなにたくさん人が歩いている歩道ではないんでしょうが大会なので
たくさんの参加者が歩道を歩いていました。
そこの後ろから自転車が・・・・・

「広がって歩いてるんじゃない、邪魔だ」

みたいなこと言ってるんです。
そりゃ確かに歩道を広がって歩いていたことには非を感じますが
それでも歩道を走っている自転車に邪魔呼ばわりをされる筋合いは全くありません。
なにしろ自転車は軽車両、車道の左側を走るのが法で定められているのですから。

そんな光景をウォーキング大会で何度か遭遇しています。
こないだのよこはまツーデーでも子供の自転車においらは轢かれました(爆)
自転車は転びましたが子供だし声をかけて大丈夫そうなのでまたそのまま走っていきましたが
仮においらがもしケガをして、しかも自転車がそのまま走り去って行ってら子供とは言え立派「なひき逃げ」です。
道交法は子供だから見逃してくれるわけではありません。

まあ、子供あいてに目くじらを立てるつもりはありませんが
勝手気ままに歩道を走り回る自転車は是非厳しく取り締まってバリバリ切符を切ってください。
国庫にはいった反則金は・・そうですね、東北の復興資金にでもするのはどうでしょうか??

« 修理完了 | トップページ | メールアドレスぐらい載せておけ »

つぶやき/ひとりごと/雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 修理完了 | トップページ | メールアドレスぐらい載せておけ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

東京駅の時計

  • マクロミルへ登録

Especialy

  • blogram投票ボタン
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
無料ブログはココログ