« 今日は・・・荒れたんだろうな | トップページ | 今年も・・・・・・帰ってくる!!! »

2011年6月29日 (水)

イヤーラウンドステーションの総合管理はどこがやるの?(その2)

前回の「その1」では
イヤーラウンドステーションにおける500選スタンプ押印料の件で
JWAが通達をしていないために徴収出来ない事に触れました。

今回はもっと「基本的のキ」の部分の管理、運営がダメダメなお話です。
これもとある某YRステーションで聞いた話。

イヤーラウンドコースを歩くのには1回200円の参加費(もしくはIVV押印料?)を支払い、
コースマップを受け取りウォーキングをしてゴール時にIVVパスポートにスタンプを押してもらいます。
この辺のことはイヤーラウンドウォーカーならご存じだと思いますが
今日は「200円」の行方のずさんな管理の話です。

この参加費200円は内訳としては協会とYRステーションの折半になる規約があるんだそうです。
だからステーションのお店に100円、ウォーキング協会に100円と言うことになりますよね。
しかーし・・・・実際にはウォーキング協会は協会の取り分100円をお店から徴収していないんだそうです。

本来ならステーション(お店)から記入済み参加受付カードを元に参加人数を確認して
その人数*100円の金額を例えば1年分とかで請求するのが常識だろうと思われますが
そんなことは一切ナシ!!
ステーションになっているお店さんも折半で支払うつもりでレジ売上とは別会計で
現金を保管している所も多く少し困っていました。

お金のない苦しいフトコロ事情の日本ウォーキング協会。。。
なのにすこしでも本来の収入源になるところからなぜ徴収しないのでしょうか。
実際にステーション店が協会に払うのはイヤーラウンドコースの年会費20000円のみで
突然、秋頃に普通郵便で次年のIVVスタンプと一緒に郵便振替の用紙が届くだけだそうで。。
そのお店曰く
「ずさんな協会だからその2万円ですら入金確認しているかは怪しい・・・ウチはちゃんと払っているけど」
と言っていました。。

もっとツッコミを入れるならJWAって
どこのイヤーラウンドステーションに年間、何人の人間が歩いたかすら知らないことになります。
これってホントは知らなくちゃ行けない事じゃないのかな?

みなさんはこの話・・・どう思いますか??

« 今日は・・・荒れたんだろうな | トップページ | 今年も・・・・・・帰ってくる!!! »

キョーカイレヴォリューション(JWAのここがヘン!)」カテゴリの記事

コメント

なるほど、そういうことだったんですね。
これを読んだら、来年度からイヤーラウンドステーションの立候補が増えたりして・・・(^_^)
「評議員会はなにをやっていたんだろう?!」という疑問も愚問なんですね(^_^;)

某イヤーラウンドステーションとは、ひょっとして東京都内のYRステーション?

ちなみに、札幌では8か所のイヤーラウンド基地があって、そのとりまとめは札幌歩こう会で行ってます。
各基地の参加人数の実績を毎月各基地から提出して頂いています。
札幌の基地は3箇所がお店、5か所が札幌市内の財団法人(スポーツ財団)で運営しています。
ですからお店からの収入が歩こう会に入ってくるようですが、その流れがどうなっているのか詳しいことはわかりません。
来月からもう1か所、お店のイヤーラウンド基地が増えますが。

TWAとJWAの仲が良くないために、東京のYR基地のお金の流れは「不透明」だろうと思っています。
東京近郊のYR基地、埼玉、千葉、神奈川ではお金の流れはしっかり管理されているのかな?と思うのですが…。
ウォーキング協会の役員(JWAではありません)にならないと、目に見えない話でしょう。

なまけ者鳥見人さん>
これが実情の片鱗です。

のりちゃん>
::ひょっとして東京都内のYRステーション?

都道府県も含め伏せさせて頂きます。
さて、一部のYRステーションでは加盟団体が協力して管理運営を行っているところもあり
加盟団体の機関誌などでコースごとの参加人数を公表していたりしますがそれも一部だと考えていいでしょう。
あくまで「加盟団体」がYR設置に関わったとか共同設置したとかの場合とかに限られる例が多いようです。
逆に単独でお店がYRを解説したり、
ミズノやヤマサ時計など関連企業が関わった所などは協会は
殆ど協会が管理」、運営がノータッチのところが多いように思えます。

また札幌の場合でも歩こう会が管理・運営しているようですが
例えばコースごとのYR参加人数をJWAに報告していますか?
また報告していたとしたらそのデータを元になにか分析とかに役立てていますか?
加盟団体がやっていたしても肝心の中央本部は・・・・でしょ?
それを「管理・運営」とは言わないはずです。

YRの怪はあげれば細かいことを上げればきりがないですが
例えば毎年、年始めののウォーキングライフ誌に掲載されるイヤーラウンド一覧が
間違いが多くて、特に今年版は初めて距離が掲載されたけど間違っていたり
距離が分からないコースは掲載されてなかったりと・・・・
いかにも管理が出来てないことを露呈する結果になっているじゃないですか。
こんなところを是正して行かないと改革には繋がらないだろうと思いますよ

JWAは総合管理してないでしょ。
YRは地方分権のさきがけみたいなもんで運営はノータッチ。
制度だけ作って年間登録料だけ吸い上げる。そういうもんだと理解していました。

いわき市内は2ヶ所のYRコースがありますが、山の中の1ヶ所は基地になっている施設が運営しているのかな?
後発のいわき駅前の靴屋さんはいわき市健康歩く会が管理してます。
4月の総会で、収入、支出の欄にYRの明細が出ますので、収入をみれば何人が利用したかわかりますし、支出としては歩く会からYRの登録料が払われていることが分かります。
100円ずつ靴屋さんと歩く会で折半して、年間登録料は歩く会で払い、その結果、収支で黒字なら会の収入、赤字なら会の持ち出しになってます。
靴屋さんは押印の手間とかありますが、100円がそのままお店の収入。
利用者は歩く会の会員がほとんどだから、2年目以降は地図もそれほど出て行かない。
3年位前、開設時に作ったコースマップ印刷代は歩く会持ちだった。
将来、地図を再度印刷するときは靴屋さんの出費になるのかな?歩く会の出費になるのかな??
いわき駅前のYRは、例会以外でもIVVが欲しい人向けの歩く会の会員サービスみたいなもんなので。
キョリも15kmとそこそこあるし、1日2ラウンドで30km歩く人もいましたから。

山の中のもう一ヶ所は、歩く会では運営にタッチしていないようだけど、ここ数年YRコースを利用したウオーキング(ハイキング)大会も行われなくなって赤字じゃないのかな。

地方都市では、歩く会の会員が歩かなければ赤字です。
100円ずつ折半というより、200円を積み重ねても年間登録料に届きません。
で、JWA傘下の加盟団体の例会で「YRを歩こう」というものが実施されます。

200円のうちの100円が上納金と考えるより、実態は年間登録料の2万円がJWAに入っているだけと見たほうがよいでしょう。
首都圏はたくさんのYRがありますから、魅力あるコースを次々作ってできるだけ自分のコースを利用してもらいたいという気持ちは基地の方は持っていると思いますが、JWAは別にそこまで考えていないと思います。

まぁ、でたらめの収支報告じゃ水増ししやすいのはこういったYRの登録料も含まれるのかななんて考えてしまいますが年間登録料なんて500万程度のものだし。。。

印刷にしてもバッジにしても、随意契約で見積り通りに支払っていたんじゃない?借り入れの口封じのために。
ちゃんと入札するだけで驚くほど経費は落とせると思いますよ。
新体制の改革は、出資している会員企業や会員グループとの随意契約を断ち切れるかどうか・・・からでしょうね。

親子ウオーカーさん>
::YRは地方分権のさきがけみたいなもんで運営はノータッチ。

よく言えば地方分権だけど・・・・・
おいらにゃめんどくさいことを「丸投げ」しているようにしか見えんが。


::山の中の1ヶ所は基地になっている施設が運営しているのかな?

加盟団体もJWAも管理してないステーションがあること自体、問題意識を持って欲しいところだよな。

ま、キツいこといろいろと書いているけど
基地ごとにばらけた独自のルールがあったり
もっと酷いところだとやっているのかいないのか分からん所があったり、
「いや絶対ここのステーションは実質、店もロクに運営してねーだろ」ってところも
一覧に載ってたりとケッコー「あれれ」って所があったりするのは事実だと思うぞ。
やっぱステーションの管理体制は今一度、一新して欲しいと思います。

この話題は気になって仕方がなかったのですが、バタバタとしており、コメントが遅れました。。。

イヤーラウンドについては、東日本震災後に利用することがかなり増えましたが、その対応に関してはステーションによってあそこまで差があるのは、JWAの管理・運営に問題があることを露呈してしまっていると思います。

ウォーキングを始めて1年満たない私にでもそう感じてしまうというのはいかがなものかと思います。新たにウォーキングを始めようとしている人に勧めるにも躊躇してしまう実態では...

うーみんさんもたまに利用されている西新宿にあるステーションの瑞穂店に先週行ってきましたが、あちらは受付すらせず、歩き終わったら代金を払うだけということは、まさしく、JWAには何の報告もせず、利用料はまんまお店の利益として計上されているとしか思えない対応でした。確か、YRを歩行中に怪我をしたら、保険かなにかを利用できるんではなかったでしたっけ? そんな対応はまったくできないだろうなと思わざるを得ませんでした。

赤羽や練馬の靴屋さんはコースも豊富でお店単位での管理はしっかりやられているので、安心して利用できますし、某大手スポーツ店のステーションはどの店舗でも対応はきちんとできていますが、イヤーラウンドステーション一覧に掲載されているのであれば、本来どのステーションでも同じように対応してもらえるべきで、それを管理するのは設置を許可したJWAそのものにあると思います。

一覧を出して、うやむやながら、距離まで表示してくれたのは一歩前進と捉えていますが、もっときっちりと調べることは必要ですね。

YRの実態を調べる?ために各地のステーションに出かけていますが、こういうことはJWAの職員の方々が実施すべきことなんでしょうけどね(笑)

新体制下での改革してもらいたいことの最重要事項の一つですね。おおげさかもしれませんがYR問題は。実際に利用する頻度が高いということもあるし、実際にお金を払ってるわけだし。無料であればそこまで無理は言いませんが...

協会のYRの担当者がよく変わります。問い合わせても心もとない返事です。いわゆる借入先から派遣された人の一人

なんでしょうか。だとすればウオーキングに関係いない人でしょうから、返事が曖昧になるのも当然かも。

新体制下では、ぜひウオーキングを本当に好きで、実際に歩いている方を担当に充ててほしいものです。

さいなすさん>
イヤーラウンド基地の対応ですが店任せなのが現実。
西新宿のお店もスタート受付無しでゴールに200円払ってスタンプを押してもらうだけですよ。
受付時の用紙の記入もナシ。
ウォーキング傷害保険の制度はイヤーラウンドでも適用されるハズではありますが
最初からそんなものにおいらは期待していません。
なにか事故なりケガなりしたとしても自己責任だと思って歩いています。
協会の制度をアテにするほどおいらはおバカではないもの。
同じくマルイ系のYRもスタート受付ナシのゴールで200円支払いですね。

あとウォーキング傷害保険ですがここでも一度ぐらい書いたことあると思いますが
おいらのようなJWA非会員はYR200円の他に保険料30円を支払わなければならないルールがあります。
ほんの一部の基地では30円を請求してきますが、その他大多数の基地は200円のみですね。
そう、お茶の水の本部も含めてね・・・

他には散々ここでも言っていますが
マップが古くて仕方ない所とか、ステーションそのものがやっているのか分からない所とか
店任せにしているためにグチャグチャになっているところは多いと思いますよ。

せめて半期に一度程度、協会の担当者がステーションに赴き現状をチェックして
指導、改善に当たることは当然の管理業務だと思いますがね。。。


にがうりさん>
ウォーキング協会の人に質問すること自体、無駄な労力になることが多いですね。
おいらもお茶の水のセンターで窓口にいる職員に質問したことはありますけど
ろくな返事が返ってきませんもの・・・・・
新体制ではどういう組織図になるかはまだ分かりませんけど
ずさんなのは経理だけじゃないという認識の元で改革をして欲しいと思うところです。

また極端な逆説でもありますが
今まで通りのウォーキングイベントの事業とイヤーラウンド事業とIVV制度をどこかが
受け皿として引き受けてくれるという条件ならばそれらを譲渡して
協会自体は解散してしまってもいいんじゃないかとすら最近は思ったりしています。

丸投げ・・・その通りですね。

HPのYR基地情報が古いまま更新されないとか、情報誌でも何回も訂正を出すなんて、ウオーカーが担当していたら最新情報にどんどん更新していくだろうに・・・

現場を知らない役所の人間みたいな運営は早急に改革してもらわないといけませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は・・・荒れたんだろうな | トップページ | 今年も・・・・・・帰ってくる!!! »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

東京駅の時計

  • マクロミルへ登録

Especialy

  • blogram投票ボタン
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
無料ブログはココログ