« これぐらい持ち歩かないとな~(爆) | トップページ | 手早くパパッと歩く »

2011年2月11日 (金)

開催? 中止?

おいらはこの雪で不参加だった東葛ウォーキングクラブ主催の例会の
第5回成田国際空港周遊ウォーク。

もちろん「常識的」に考えればおそらく中止になるだろうとの個人的見解ですが
実際の所は開催したのだろうか、それとも見解通り中止になったのかな?
不参加を早々と決めてしまったので主催者に確認していませんが・・・・
まさかねぇ~雪が降る予報の中に開催しないですよね、とも言いきれないJWA加盟団体(爆)

朝、スタートする早い時間は雪降ってなかったし
そうすると無茶な開催もしたかもしれないと勘ぐる、いろいろ前例もあるしな。
かりに開催したとしても参加者はこの天気だしかなり少ないはず。
それなら中止にして他の日に振り替えて開催すればいいんだけど
そんな気の利いたことがてぎないんだよね。
せめて年間1~2日ぐらいの予備日を設定しておけばどうにかなるのにね。

あともう一点、今回みたいな当日に中止にする場合、
それを参加者に伝える手段がないのも考えて欲しい。
「やる」のか「やらないのか」解らないのは確認すればいいけど
ケータイだってそんなときは話し中でなかなか繋がらなかったりする。
結局当日、集合場所までいって中止を知るなんてこともあるわけだ。

CWAのサイトで発表するなり
独自のサイトを立ち上げて運営、当日、急な変更にもサイトを見れば解るぐらいの
ことはやらないと参加者は開催可否の判断が解らないまま迷うことになりかねないよな。
例えばサイトが作れないならツイッターで「今日の例会中止します」とつぶやけばいいわけだし。
(もちろん事前にツイッターのIDは公表しておくことは前提だけどね)
何かしら当日に参加者に簡単に伝える方法は準備しておくべきだと思いますが
ウォーカーのみなさん、どう思いますか??

« これぐらい持ち歩かないとな~(爆) | トップページ | 手早くパパッと歩く »

つぶやき/ひとりごと/雑談」カテゴリの記事

コメント

雪などの悪天候の場合、大会によっては短い距離のみ開催する所があります。
各々の団体によって対応が異なるので、「雪の場合にはどうなるのか?」と事前に問い合わせることが妥当ではないでしょうか?

大会当日が中止となる場合ですが、
うーみんさんが考えるほど、各々の団体の役員やスタッフはパソコンや携帯サイトを使いこなせないのが実情です。
今でも「ツイッターって何?」という年輩の方がいるほどです。
ツイッターで何か?うーみんさんは説明できますか?

中止や距離変更などは、前日または当日の役員の打ち合わせで決まることが多いです。
決まった内容をリアルタイムに伝えると言っても、問い合わせのあった人に伝えることが精一杯かもしれません。
「独自のサイト」を持っていても、サイト管理者=団体の役員でないところが多く、またうーみんさんのようにパソコンや携帯サイトで情報を知ろうというウォーカーは2割未満?と思っています。(個人的見解ですが。)
なぜなら、参加者の多くは年輩で、それほどパソコン、携帯に精通していないのが現状です。団体によっては使いこなせる役員さんがいるかもしれません。

少しの雪でも決行してしまう大会があります。
現状では「無駄になっても、場所に見る」としか言えないではないでしょうか。
ちなみに、札幌では今日の東京地方の雪でも、例会が当たり前のように行われています!

のりちゃん>
協会とか加盟団体はどうも「正確に素早く情報を伝える」という意識が低いと思います。

携帯電話で参加者からの問い合わせには限界があるだろうと思うし
過去、おいらも当日朝に問い合わせをしたことがあるけど繋がらなかったことがあった。
確かに年配の方が多いのは百も承知していますが
だからと言って現状のままなにも問題意識を持たないまま放置しておくことがいいとは思えません。
何かしら手を打たないと・・・という意識がなさ過ぎませんか。
「出来ない」をほっといたままのツケじゃないでしょうか。
出来ないなら出来るようにするのが対策です。
なにもツイッターを絶対に使えとまでは言いませんが
これからもこの先同じようなことがまたあるはずです。
それを対策を立てて変えていかなければならないと思います。

::現状では「無駄になっても、場所に見る」としか言えないではないでしょうか

そんな現状を打破しようとしないのがもんだいなんですってば。
水掛け論をしようなんてさらさら考えていませんが
今いる役員さんで出来なければ参加者の中で出来そうな人を探してみるとか
考えなければならないんじゃないですか?

年配者が多い団体故、ケータイとかパソコンの使用には確かに限界はあるかもしれませんが
その年配者だって当日の朝、天気が悪ければやるのかやらないのかは知りたいはずですよ。

のりちゃん>
追伸・・

::パソコンや携帯サイトで情報を知ろうというウォーカーは2割未満?と思っています。(個人的見解ですが。)

逆説ですが仮に2割未満でも・・・その2割未満の人に対してやってみては?
確かに多数派ではない少数派かもしれませんが実験的にはじめるにはいいかもしれないですよ。
なにか効果があるかもしれませんし、
なにもしない、始めないよりは前進だと思いますが。

どうも、さいなすです。
「第5回成田国際空港周遊ウオーク」、しっかり開催してました。
道に積雪するほどまだ降っていなかったので、特に滑って痛い目にあうこともありません
でした。正確には何人かはきいていませんが、予想どおり、かなり少なかったのは
間違いないです。

情報に関しては、事前に何らかの手段で告知(こちらから問い合わせではなく)して
もらいたいですね。やっぱり、インターネットを使ってやることくらいはそろそろきちんと
してもらいたいものです。いまはパソコンが使えない世代の方々がメインのお客?かも
知れませんが、年を追うごとにPCを使える人の割合が増えるのは確実ですし、
若い世代にも認知させるには、今から実行していくことが大事だと思います。

今回のケースは、埼玉から成田への遠路ということもあり、初電&成田エクスプレスで
いかなければ間に合わなかったので、当日発表だと意味はないんですが、、、

まあ、もし現地で中止を知っても、成田・千葉あたりにはイヤーラウンドコースが
あるので、悪天候でも自己責任において、そこを廻ろうと思っていたので、多少は
精神的ダメージは少なかったかも知れません。

それよりも、道中2度あることは3度あるのことわざどおりのハプニングの連続でした。
「詳しくはWEBで」 ←いつアップ(笑)

うーみんさん

「2割未満でも・・・その2割未満の人に対してやってみては?」
ですが、今月末頃所属の歩こう会でやる方向でいます。
私の所属している歩こう会でも「メールやネットでの情報提供」を望んでいる会員がいて、その数がどのくらいいるのか、まず調査をすることになりました。
役員会で毎年上げられてきたことだったようですが、古い考えの役員さんには通用しない状況が続いてきました。しかしながら、昨年あるきっかけで動くことになった状況です。
これを機に、若い会員さんを増やすことが出来るかもしれません。

「情報のリアルタイム化」ついては、所属の歩こう会はまだ先のことになりそうです。

さいなすさん>
・・・・開催しましたか・・・雪予報の中。
小雨程度の雨ならまだしも、雪の予報が出ているのにね。
いつも思うんですが協会とか加盟団体って「参加者本位」でないと思います。
あとは一般的な「考え方」とか「感覚」がズレています。
昨日の天気のなか、「ウォーキング大会をやりました」と仮に一般の人に言ってみたらどんな反応するでしょうか。
おそらく驚く、ビックリする人が大半じゃないでしょうか。

おいらは昨日は「一度中止にして別の日に振り替えて開催する」というのが
一番よかったと思いますがそんなことが出来ないんですよね。
もう少し柔軟な対応がとれるような団体になってほしい物です。

のりちゃん>
アタマの硬い人が上にいるといろいろと大変です。
ただ、これから先は「出来ない」で済まされないケータイとかパソコンでの情報提供が必要な時代。
協会自体が変わらなければダメですよね。
それを踏まえてどんな手段で相手に当日伝えられるのか、いくつも出して健闘するといいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これぐらい持ち歩かないとな~(爆) | トップページ | 手早くパパッと歩く »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

東京駅の時計

  • マクロミルへ登録

Especialy

  • blogram投票ボタン
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
無料ブログはココログ