« 結局昨日は。 | トップページ | 上野の新規オープン »

2010年8月31日 (火)

不利な条件

明日から9月、秋のウォーキングシーズンがやってきます
(まだ残暑がキビシーですが。)

ウォーキング大会もまた始まる季節ですが
ウォーキング協会主催のウォーキング大会の案内チラシには
大抵こんな一文が書かれています。

荒天など主催者の責によらない事由で大会が中止、中断になった場合
参加費の返金はいっさい行いません。

何となく読んでいると「そうかな~」とも思えますが
参加者にとってはかなり不利なことだと思いませんか?

事前申込でお金を集めて
「台風が来たから中止だよん、お金は返さないからね~」
と言うことですよ。

まったく参加者にはメリットはありません。
むしろデメリットですよね。

イベント主催団体がこんな参加者に不利な条件を突きつける所なんて
まずないんじゃないでしょうか。

こんなところが「ウォーカーに愛されないウォーキング協会」に
なっている気がするんですが・・・・どう思います?

« 結局昨日は。 | トップページ | 上野の新規オープン »

つぶやき/ひとりごと/雑談」カテゴリの記事

コメント

う~~ん! 難しいですね。
旅行業とか、商売の場合もそうしたいと思いつつ、客商売なので、返すんでしょうが(^_^;)
ウオーキング協会の場合、もうけを考えないある程度、限られた集団と考えると、赤字には出来ないんでしょうし、事前準備にお金を使っているでしょうし、返金の手数料や人件費、等々を考えると、気持ちは同感ですが、実際問題となると、難しいのかなぁ?と個人的には思います(^_^;)

なまけ者鳥見人さん>
確かに協会は非営利団体で利益追従はする必要はないかもしれないですが
参加費を取って参加者を集めてれば「客商売」だと思いますよ。
ここ近年、協会主催のツーデーなど参加者が激減しています。
それは「不景気」だけが理由だとは思えなくて仕方ないですね。

あともうひとつ思うのはなんか日本の政治に似てませんか?
デメリットばかり押しつけるやり方って。
そんなことばかりしているから参加者が減るし
協会も赤字続き何じゃないでしょうか?
一度真剣に徹底的なマーケティング調査などやれば
いいんだと思いますよ・・JWAって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結局昨日は。 | トップページ | 上野の新規オープン »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

東京駅の時計

  • マクロミルへ登録

Especialy

  • blogram投票ボタン
  • にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
無料ブログはココログ